2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.14 (Mon)

斉藤和義45stonesツアー 千葉県文化会館

45stonesツアー二回目参戦。

昨夜は和義を至近距離で見る機会に恵まれました。
私達左端七列目でしたが、和義君がステージ横の通路まで
ギター遠征してくれたの。

あんなに汗だくなのかと思うほどの汗でした。
そして色白(笑)
清志郎の時はぎりぎりまで手を伸ばして飛びついたけど、
またもやなぜ和義のときは恥ずかしくて飛びつけず(笑)
なんだこの意味の無い恥じらいは、と自分に突っ込みたい気分。
年かい?私はおとなになったのか?

和義君、足が長くて、やっぱり背が高くてとっても大きい人です。
ジーンズはあここちシミがあって、オールドジーンズが好きなんだなとか
一瞬にしていろんな思考がぐるぐる。

清志郎はやっぱり華奢で小柄だったんだなと後から考えた。
ステージでは不思議なほど大きく見える。
和義君はむしろジャストサイズに見えて、近くて見るとえらくでっかい(笑)

近くてみると筋肉もあるし、そしてあのギターテクと相まってなんだか
もう鼻血もんでしたわ。

私は楽器音痴でギターとかは中学の時点で一度さわって諦めましたが
和義さんの、ひとつひとつがハッキリした粒だったギターの音は
すごくヘビーでロックな音だなと思う。
いつもこの人ってギタリストとしても秀超と思ってライブを楽しんでいます。

つぶやきにいれたけど、ながれそうなので
貴重な体験を日記にしてみました。
スポンサーサイト
09:12  |  ライブ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noritamako58.blog56.fc2.com/tb.php/35-7629787c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。