2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.29 (Fri)

2011.7/18 泉谷しげる氏による下北沢サブカルチャー祭り

先週の連休の月曜日、下北沢の無料ライブに行ってきました。
7/17.18 泉谷しげる氏による下北沢サブカルチャー祭り

私達は斉藤和義さんが出演する18日に行きましたよ。

セットリストとか覚えてないしどうしよう・・・とおもっていたら、
素晴らしいセットリストをあげている方がいらした。
勝手にコピペーーん。

【泉谷しげる&藤沼伸一】
サマータイムブルース
ラブ・ミー・テンダー
(マンガ家の吉田聡さん登場)
ブルースを唄わないで
(11のブルース~左巻き菅?のブルース~電気使え!のブルース)
ロックンロールにゃ金かかる
すべて時代のせいにして

【寺岡呼人】
寺岡さんの持ち歌3曲
春のからっ風(泉谷しげる&藤沼伸一)
すべての若き野郎ども(泉谷しげる&藤沼伸一)
休憩のうた(泉谷しげる)

【斉藤和義&IZバンド】
明日も今日の夢の続きを(泉谷しげる&藤沼伸一)
(泉谷さん引っ込み、渡辺さん、板谷さん登場)
僕のみたビートルズはTVの中(7/19追記)
ずっと好きだった~ずっとウソだった(7/19追記)
ポストにマヨネーズ(7/19追記)
砂漠に赤い花(7/19追記)
幸福な朝食 退屈な夕食(7/19追記)
歌うたいのバラッド(7/19追記)

歩いて帰ろう(泉谷しげる)

【IZバンド&仲井戸"CHABO"麗市】
翼なき野郎ども
デトロイトポーカー
俺の女
春夏秋冬
眠れない夜
Dのロック
火の鳥
国旗はためく下に
土曜の夜君と帰る
雨上がりの夜空に(出演者全員)
野性のバラッド(出演者全員)

セットリストだけでお腹いっぱいな感じだけど
ほんとうにこれで無料ですか?という充実のライブ。

場所は私立高校、下北沢成徳高等学校のミモザホール
十一時から並び待ちですよ、とかその前に並んでいてもしらんからねーーちなみに整理券もないよ、などという
ホームページの掲載があって絶対各自のファン集結しそうだし、
かといって、街のイベントだろうから、いつものライブのような感じとは違うだろう・・とも思うし
どうすりゃいいかね?って友人達と相談。
でもワクワクする。なんか、いいもの見れそうな予感がして仕方ない。
こんな文化祭みたいなイベントに和義や泉谷が出演なんてすごい楽しみーーーー
過去、下北沢音楽祭で、かぶりつきで清志郎をみた記憶が蘇る。

こういう時は、場所確認の為にも早く行く、がいいかなーーーと
十時には、友人のまきちゃんやかぶちゃんと下北沢駅で待ち合わせ。
暑い日だった。
夏だよ、夏。がっつり、夏真っ盛りーーー。

会場について、みんな並ぶデモなく、なんとなくぶらぶらしたり、
道ばたに腰掛けたりしてたけどなんと入場が不意に始まった。
時間は十時半くらいかな?
灼熱のなか、待ち続ける不安は解消。
ともあれよかったけど、11時過ぎに来た人たちは入場制限があったらしいから
気の毒だったな。

でもって、とにかくいいライブだった。
選曲見てもわかるでしょう?

照明なども学生さん達がやっていたらしくて
色を変えたり、暗くしたり明るくしたり
素人っぽいながらも一生懸命やってくれてた。

あまりあれこれ感想を書くゆとりもないので
さくっと感想を書きますと、
泉谷から当然スタートしたわけだけだけど
お抱えの泉谷バンドと藤沼伸一が演奏していた時ももちろんもりあがったんだけど

チャボとの後半戦の泉谷は、まるで水を得た魚だった。
後半戦で盛り上がっているというのもあるけれど
なんといってもチャボのギターがすごい。

この前、エレカシのファンクラブ会報でも
JAPAN JAM 2011(2011.5.5)で共演したミヤジがチャボの演奏のすごさと、それにともなっての
自分たちの変化とやりやすさを絶賛してたのを読んで「やっぱりそうかーー」と改めて実感。

黙々とMCもなく演奏するチャボはかっこいいなんて言葉では表現できない。
みんな魅了された事だろう。

そして和義ですが。
セットリストをみて、よだれを垂らさないでね。
泉谷との一曲をへて、ずっと嘘だったは
やっぱりやるよね、ワクワク・・って感じ。
私生で聞くのは初めて、また興奮して記憶飛んでます(バカ)

泉谷も、和義も東京電力のやり方に怒りをぶちまけていました。
電気は節電する必要なんて無いんだっっみんな使えっって泉谷は叫んでいた。
和義は全く節電はしていないって。
和義は怒りをあまり表に出さないポーカーフェイスだけど
彼のオーラは怒ってた。
そして、最近生み出す新しい楽曲があまりに鋭い歌詞なんで
聞いてると落ち込んじゃう人もいるみたいです。
確かに、これって私もだよなぁ・・なんて思うよ。
最近の「雨宿り」の歌詞なんかを聞いていると。

えーー、話戻りますね。
その後の選曲はポストに砂漠に、幸福に、歌うたい
和義ファンなら満喫している珠玉の名曲の数々を
ぎゅっと濃縮している感じ。
これ、なんと泉谷の選曲なんですよーーー。

泉谷、斉藤和義をすごく聞き込んでいるんじゃない?って
みんな思ったよね。

とにかく、こんな楽しくて暖かくて、いいライブが見れて嬉しい。
アーティスト達がぐっと身近に見えた。寺岡君とか普通に会場にいたし
タバコ吸って休憩してたし(笑)

来年はどうなるかなぁ。
こういうイベントって入場規制やらなんやら
複雑になりそうなので、初回で楽しめてよかったかも。

結局長くなった。
泉谷が、和義のジャンブをみて、「マサイ族かっっ」って突っ込むシーンなんてのもあって
泉谷はしきりに和義の足の長さにごだわっていた、なんていうネタはもっとあるんですけど
とまらないから、おしまい。
スポンサーサイト
15:58  |  ライブ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

うむうむ、久しぶりに興奮でございましたわね。そしてチャボさんのクールさにウットリでした、ほほほほ。
ron |  2011.07.29(金) 22:50 | URL |  【編集】

ronちゃんがチャボの魅力を再確認的なつぶやきをしてくれたのが
なんだか嬉しかったです。
私自身、チャボの魅力をここ数ヶ月であらためて思い知った感があるの。ちょっと忘れかけていたあの頃のときめきが蘇って、会場でも大騒ぎしました。ronちゃん、またライブ会場であいましょう!
のりたま |  2011.07.30(土) 02:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noritamako58.blog56.fc2.com/tb.php/24-ef6f2ac3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。