2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.16 (Sat)

暑い夏。

娘が12日の夜からボランティアで石巻に行っている。
夜になると電話がかかってきて、話を聞く。

初日は、「なんだか、どうしたらいいのかと思った。先が見えない感じで・・。」と
初めて見る景色に言葉に詰まっていた。
今日は作業も3日目で、今日で最終日。明日の朝バスに乗って帰ってくる。
いろいろ心配したけど、とにかく終わったらしい。

今夜は汚泥を除去して、店内を掃除して数日前から開店した中華やさんで
ラーメンを食べたのだそうだ。
ずっと、弁当ばかりの食事だったから「あったかいものは美味しい」と言っていた。

子供というのは、どっちかに似るものだとは思うけれど
彼女はもう、すっかり自分のアンテナで自分の世界を歩いている。

親の仕事はもう大半終わったようなものだなぁと
最近つくづく思う。

街を歩いていて、かわいらしい足取りでよちよち歩いている子供や
並んで歩くランドセルの小学生や、そういうものをみると本当に愛らしい。
あんな頃はすごく最近だったと思っていたけれど、いやいや、もう遠い出来事。

子育てはボランティアのようなもので
無償の愛で続けるものだと思う。

でも私はもうお役御免になったのだと思うと同時に
今度は介護だなぁと思う。

今日も義母から電話。
年上なのに、義母はなんだか時々子供のようになる。
こちらは、無償の愛でできるものやら、かなり怪しい。
けれども、夫は無償の愛で育ててもらったことは間違いない。

義父は、今老人施設にいるけれど
この前娘と会いに行ったら、また私達を忘れかけているようだった。
けれども、きれいにひげをそってもらい、
清潔な服をきて、べッドに横になっていた。
たまたま、おむつ交換の時間で、介護の人は実に出際よくベッドをまわって交換していってくれた。

私と義母でおむつを取り替える時は、
言う事は聞いてくれず、義母には悪態をつくし
嫁の私が手伝っている事にも慣れないらしく
やたらと謝るし、なんだか大変だった。

何より、うんちって、こびりつくと本当にとれなくて、
何十枚とティッシュペーパーをつかったけれど
それでもなかなかうまくいかなかった。

介護の人はすごい。
頭が下がる。

今年は原発問題やら放射能やら地震やらで
日本中が変わってしまったと思っていたけれど
夏はやはり、変わらず暑いのだ。

ベランダのゴーヤを食べようかどうしようか悩んでいたけれど
一番食べさせたくなかった娘はゴーヤの時期は日本にいないわけで
まぁ、私たちでたべるかいな、って気持ち。
まぁ、きっと大丈夫でしょう。

すくすくそだっているゴーヤ。かわいいやつ。
ピーマンは既に三個収穫して食べてしまった。
ごーや
スポンサーサイト
01:04  |  日々の事。  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noritamako58.blog56.fc2.com/tb.php/20-12d693d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。