2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.08 (Sun)

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace』その二

さて後半戦レポ。

東京スカパラダイスオーケストラ。
スカパラ好きな女子にはフェス(あまり行かないけど)で遭遇します。みんな可愛いっすね。健康的な感じで。山ガール?(多分違う。全然)
斉藤和義さんがスカパラのイベントに出たりするのでそれも行ったり。


でもって、管楽器をスーツ着たイケメンが演奏。それも素晴らしい音で。素晴らしいパフォーマンス。いつもながらかっこいいーーーーっっ。選曲がまたまた意外で「危ない二人」でした。
この時期の清志郎をふと思い出しながら、スカの演奏に実をゆだねました。
私、スカパラの中ではあのドラムの茂木欣一さんが好きなのですがなんとトランジスタラジオ は、茂木さんのボーカルだった。
たたきながら歌うなんて。いつもながら頭ん中と手と足がバラバラな私は感心。

次は原田郁子(クラムボン)
んーーーー。清志郎バージョンでききたかったなぁ・・・。
闘病生活に入る直前だったか・・・確か私はこの曲を聴いている。何で聞いたのか、どうして今音楽データを持っていないのか不思議なんだけど。清志郎バージョンはまた、切なすぎるほどよい。
iTunes にてshort version出ています 改めて購入しました。200円です。
おぉぉぉ きよたんの声だ(ノ_・。)泣

アーティストってどっかで共演したり共作したりしているもんですけど
ハナレグミの永積タカシ君と原田郁子さんって作風がにてますよね。そしたら、結婚しているらしいですね。また娘が「くそっっ」って舌打ちしてた(笑)民生が結婚していてのはともかく子供も居るって話を聞いて悔しがっていた娘。今度は永積くん。最近悔しすぎかもしれません。

そんな娘がトイレ行きたくなっちゃって、どのタイミングで行っていいやらで、隣のかぶちゃんとヒソヒソ。そんな四苦八苦しているとこに永積タカシ登場。黄色の衣装がかわいい。永積タカシくんが清志郎と中学校が一緒だった話とか、そんなMCがありました。清志郎に「素晴らしい声」と絶賛させた永積タカシくん。当然よかったです。矢野顕子もそうでしたけど、完全に自分バージョンにしちゃっているあたり、個性派ですね。多摩蘭坂 と 君を呼んだのに  でした。

次が、浜崎貴史と高野寛。浜ちゃんの声にチャボの還暦ライブですっかりやられちゃって、期待大でした。選曲は 君が僕を知ってる  デイドリームビリーバー
きっと選曲っていろいろ希望があったり、かぶっちゃったり、すると思うんだけどこの選曲、すごくいい曲をもらったよね。 三階の人、ゆずぢゃありませんよーーーなんて言ってた。多分間違わないと思うんだけど(笑)ベテランゆずかい?

その後、あっこちゃん登場。この年であっこちゃんと呼ばれるなんてことないから、嬉しいと。
ふわふわのカラーヘアが綺麗な茶色で、いいなぁ・・・って思いました。こんな風に年をとりたい(無理)いつもきよしちゃんとやっていた曲をやります・・・と言った気がする。仲良しだったからなぁ。恩赦 と ひとつだけ。(:_;) 大好きな曲です。

そして宮沢和史さん。僕の自転車のうしろに乗りなよ うわの空 。すごく初期の清志郎の曲をすごく熱っぽく気持ちをこめて歌ってくれます。去年のあらばきロックフェスの清志郎トレビュートバンドのときも。それにしても「うわの空 」これって絶対他の人は歌えないと思うわーーー。

ここまでずっと、後ろに作った小さな小島?的なステージで歌ってた訳ですが、前のステージに移動。細野晴臣さん、風邪ひいたりして調子が悪いらしく清志郎のそばにいくかも なんて言ってたよ。おまけに一曲しか歌わなくて、ちょっと心配した。のんきな盆踊りソングは、清志郎が作った坂本冬美さんとのバンド「HIS」の一曲でした。幸せハッピー 。清志郎の学ラン、素敵だったな。

で、YUKI。 自由  不思議 。声に特徴があるという点では清志郎とおんなじなのかな。
でもって、彼女のステージングが、女性だしフワフワのドレスだし、清志郎とはもちろん違うんだけど、ステップの踏み方、ちょっとしたとこでの動き・・清志郎と一緒だった。YUKI、あんまりすきじゃないんだけどやっぱりキュートとなんだわ。今回はなんだか感激した。

そして出ました、奥田民生≧(´▽`)≦ スローバラード  チャンスは今夜
あらばきの時に初めて聞いた民生のスローバラート。あまりの素晴らしさに呆然として涙も止まった。今回もおんなじ。聞き入る・・・。奥田さん、いつもありがとうです。
チャンスは今夜 に至っては、チャボに「昔はいつもこんなでしたか」みたいな事を聞いて苦笑させてました。懐かしいなぁーーーこの曲。

そして見所はクロマニヨンズ。もう最高でした。
ROCK ME BABY  Baby 逃げるんだ  いい事ばかりはありゃしない
もう、文句なしです。こうやってRCをちゃんと聞かせてくれるバンドって少ない。
また、ヒロトの細すぎる足に関して、足がさぁーーって話に絶対なるんだ(笑)足しか評価しないわけではないから誤解しないでください。

ヒロトがこの後、「今日はここに出れて本当に良かった。この後は、いよいよ忌野清志郎の登場だ!」と言ってからは映像を見る。中には3Dの清志郎?とか夢のイリュージョンを期待した人も居たみたいですが・・確かにもう一度見たいね(2009年ジョンレノンスーパーライブでの出来事)
私はもうこれで号泣モード突入でした。

でも、あの映像タイムはなくてもよかった・・って人もいたけどね。私も号泣してたわりに、長かったかも、とも。でも清志郎が参加するとなったらもう映像しかないもんね・・・・。

清志郎の魂が、歌が、清志郎の仲間や子供達につながっていっていることの確認が嬉しい夜だったけれど。

そして、金子マリちゃんとLeyonaとチャボが「ブンブンブン」。でも清志郎がチャボの隣にいないことが改めて寂しい。これ言ったらルール違反って気がするけど。さびしいよね。

ラストは奥田民生、斉藤和義、トータス松本。トータスが民生にさっさとせいーーと言われつつ、イヤーー清志郎さんのあの映像みたら、もう圧倒されちゃって・・・ってトータス。和義はこういうとき、笑ってる。へへへって。ホントしゃべんない(笑)

雨上がりを全員で歌って、終了。長い六時間。時間を感じさせないライブだった。圧巻だった。楽しかった。幸せだったよ。アーティストの皆さん、またよろしくお願いします。

「マイベストフレンド、アワーベストフレンド、忌野清志郎に大きな拍手を!」ラストにチャボが叫んだ。後から泣いてた、ってみんなが言ってたけど、私はわからなかったな・・・(:_;)

最近チャボ見ると、清志郎の代わりのような気がして、当然清志郎を思い出すけど、やっぱりチャボはチャボなわけで、清志郎ではない。当たり前。清志郎は本当に天国にいってしまったわけです。
当たり前のことをこうやって書き連ねる心理って、なんか確認作業的な心理が未だに働いているんだな。信じられないままの二年間って言ったらいいのか。
でも今年も無事、お墓にいってきた。高尾の高尾霊園 高乗寺のお墓まわりの自然を満喫してきたよ。
オレンジのバラの花束をもって。また来年も春先に行きたいな。
スポンサーサイト
23:31  |  ライブ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noritamako58.blog56.fc2.com/tb.php/2-a51a2931

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。