2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.09 (Thu)

人生は楽しんだほうがお得。

ピースボートの記事をネットでかいつまんで読んでみる。
乗った人の中にはずいぶん辛辣な意見を述べる人もいるし
楽しかった、また乗るって答える人もいる。

実際私は、友人に「わざわざ休学して高い金を払ってピースボート?」的な
言葉までいただいた事がある。

でもさ、批判や否定のオンパレードは希望に燃えた若者達は平気なんじゃい。
むしろ言われなれてるんじゃん。
それでいいのだ(バカボン)


辛辣な意見をブログにまでのせて
わざわざ高い金を払ったから悔しいのだろうけれど
楽しめなかったのは、あなたの問題なんじゃないの?って私はちょっと思いましたね。
ただ、本当にひどい船旅で、一言言わずにはおられない・・・感もありましたが。
確かに古い船だし、スタッフさんも若くて、きっと何かを求めて乗り合わせる人の中には
不満もでるかもしれません。

だからーーーだれかに、何かに
勝手に期待してるようじゃ、楽しくないんだよ。
棚からぼたもち、まってても、一瞬美味しいだけなんだよ。


数ヶ月前、離婚したいという友人に
「まずはつまんない旦那なんか無視。とりあえず自分の人生を楽しんだほうがいい」
と、いっかにも、偉そうに言ってみた私です。
どのツラ下げていったんじゃーーーと言う感じですが

でも、旦那ととも歩く楽しい人生・・なんて幻想は捨ててしまったほうがいい。
各自、生き生きと行きてこその二人歩きなんじゃないか・・・と私は常々思っているのです。

私と旦那は全然趣味が合わないし、見るテレビすら合わない。
音楽にいたっては、オットは私の好きな音楽は騒音だと思ってる。

でも、なんとなーーく空気があうっていう
もうへんな境地に達しているので、これはこれでいいかと思っています。

話があれこれ飛んだけど、今日はしろちゃんをお昼休みにのぞいたら
いつもねている側と違う体の柄を見せてくれていて
ちがうネコかと思っちゃった。

写真とれなかったけど、今日も妙にどっしりと、何かを悟ったような顔だった。

老猫ポポちゃんが私が洗濯物をとりこむすきに
ベランダに脱走したけど、最近は年をとってしまって、
ベランダの柵にあがれないため、私をムンクの恐怖顔にすることもなくなった。

本当に年をとった。この前娘とかぞえてみたけど、多分15歳。
だっこして、ぽぽちゃんと二人で、風にあたって
暮れて行く街をみたよ。

ふわふわの毛並みと軽くなった体と、あちこち街頭が光る暮れていく空。
なんだか少し、いやかなりママは切なかった。



スポンサーサイト
22:37  |  ピースボート  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ご無沙汰しています。

いやはや、人生ほんといろいろです!!

娘さんのピースボート体験素敵だと思います。

のりたまからみたら若輩者でえらそうにという感じでしょうが、人生無駄なことなどないと思っています。

私もいろいろいろいろ経験してます。経験したくなかったこともたくさんあるけど糧として頑張っています。

最近はぜんぜん会っていないけどのりたまさんとは出会って10年。出会いに感謝しています。

かえこ |  2011.06.19(日) 09:44 | URL |  【編集】

かえこちゃーーん

ワーーひさしぶりですっっ
嬉しいなぁ。ありがとう。

もう10年も立つんですねぇ・・・
かえこちゃんは二児の母になって、
あの陽気なダーリンもパパになって

いやいや、本当に人生無駄なんてないよね。
若者でえらそうに・・なんて思ってないよ。
だってかえこちゃんも、もう・・(もごもご)

またかえこちゃんとおしゃべりして
飲みたいナーーー
のりたま |  2011.06.22(水) 01:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noritamako58.blog56.fc2.com/tb.php/12-c240179a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。