2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.05 (Sat)

ここ最近は。

昨日、マイミクのボケちゃんから素敵なプレゼントが届いちゃった。
今いるイギリスからのプレゼント。
IMG_2209.jpg


ムーミンのテレビ放送番組をDVDに焼いてあげたら
ムーミン大好きな彼女はとても喜んでくれた。
その時、同封した私が描いた彼女の愛犬のイラストをとても気に入ってくれて
そのお礼もかねて、なんだけど
とっても幸せになったのは、ポケちゃまが私の趣味も予測してくれて
選んでくれたこのカレンダー・・・・
1年間幸せに過ごせそう。

そしてテーブルクロスでしょうか。
これも変顔猫がかわゆすぎます。素敵すぎるので、タペストリーに変身させるかも。


送ったイラストはこちら

IMG_1918.jpg

ちなみにイラストの仕上がりがソックリなのは、秘訣があって
写真にあわせて型をとるのですがその型がポイント。

私はあろうことかイラストレーターなのに、外ラインを
トレスした(全然ダメじゃん!)
あ、でももともと模写は得意なんですよ・・・(いいわけ)

デッサンが苦手な人は写真切り抜いたりしてもいいかも。

いずれもう少し研究して、絵の苦手な人でも描けるように工夫してみたいです。

それから、11月1日に娘がピースボートの船旅から帰ってきました。

IMG_2194.jpg


四ヶ月の船旅で、二十カ国を回ってきました。
旅の様子は・・・・
実はいままたピースボート関連のお手伝いで
神戸に行っているために、よくわかんない(笑)

ただ、やっぱりどんどん私とオットの手元から羽ばたいて行くんだな。
それが実感かな。
オットもそれを見守りつつ、本当に待ち遠しかったらしく
娘のご帰還を喜んでいました。

私はいつも娘が心配だったけど
今回の旅で私が娘からもらったものは、大人になっていく彼女から
「もう心配しないでいいよ」の贈り物かな。

たった四ヶ月だったけどしっかりしてきた。
だって知らない国の知らない町をたったひとりで
「地球の歩き方」一冊を手に歩き回ってきたのだもの。

私達にも出来ない事だわねぇ・・とオットと私は顔を見合わせた。
彼女は、住むのならオランダに住みたいそうです。
ユトレヒトにて、大好きなミッフィーを見に「ディック・ブルーナ・ハウス」にいったそうです。

そして、見知らぬ国でのホストファミリーとの出会いや
沢山のイベントでの出来事、何より沢山の国々をみた感動。
いずり落ち着いたら教えてくれるでしょう。

彼女が赤ん坊のころ、部屋に大きなミッフィーのタペストリーを飾っていたの。
べビーベットから見えるように。
乳児期ははっきりした色彩を見せる事で脳が活性化するので・・という理由と
私がミッフィー大好きだから。
何かで手に入れた大きなミッフィー柄の布地を私が縫ったものでした。
あれどこいったかな?

最近仕事に忙殺されている私ですが
仕事は楽しいですよ。
なんせ何ヶ月も無職だったから。

では今日は和義のツアー初日。
いってきまっしゅっっ
スポンサーサイト
13:12  |  ピースボート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.07.20 (Wed)

船が出ました。

昨日の午後三時。とうとう横浜の大桟橋から出航しました。
前日まで案の定バタバタ。

どうなるものやら・・・と思っていたけど
今はもう海の上です。

ピースボートを知りたい方はこちら

この世界一周の旅を目標に、バイトに頑張った娘。
ボスターをはったりピースボート内でボランティアスタッブしたりして
割引もかなり頑張ったようです。

まぁ、その他いろいろドタバタしたけど
娘のいない一日はちょっと長いかな。

いってきまーーーす


ピースボート




ピースボート


見送りにきてくれた娘の親友たちが、ちょっと大人になって綺麗になっていた。
学生時代の友人たちって、いいものだね。

ピースボードセンターに通って、ボランティアしている間に
一緒に乗船する仲間がたくさんできて、乗船する前も
知り合いの間に挨拶しまくっていた娘。

いまごろ楽しんでいるかな。
22:18  |  ピースボート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.09 (Thu)

人生は楽しんだほうがお得。

ピースボートの記事をネットでかいつまんで読んでみる。
乗った人の中にはずいぶん辛辣な意見を述べる人もいるし
楽しかった、また乗るって答える人もいる。

実際私は、友人に「わざわざ休学して高い金を払ってピースボート?」的な
言葉までいただいた事がある。

でもさ、批判や否定のオンパレードは希望に燃えた若者達は平気なんじゃい。
むしろ言われなれてるんじゃん。
それでいいのだ(バカボン)


辛辣な意見をブログにまでのせて
わざわざ高い金を払ったから悔しいのだろうけれど
楽しめなかったのは、あなたの問題なんじゃないの?って私はちょっと思いましたね。
ただ、本当にひどい船旅で、一言言わずにはおられない・・・感もありましたが。
確かに古い船だし、スタッフさんも若くて、きっと何かを求めて乗り合わせる人の中には
不満もでるかもしれません。

だからーーーだれかに、何かに
勝手に期待してるようじゃ、楽しくないんだよ。
棚からぼたもち、まってても、一瞬美味しいだけなんだよ。


数ヶ月前、離婚したいという友人に
「まずはつまんない旦那なんか無視。とりあえず自分の人生を楽しんだほうがいい」
と、いっかにも、偉そうに言ってみた私です。
どのツラ下げていったんじゃーーーと言う感じですが

でも、旦那ととも歩く楽しい人生・・なんて幻想は捨ててしまったほうがいい。
各自、生き生きと行きてこその二人歩きなんじゃないか・・・と私は常々思っているのです。

私と旦那は全然趣味が合わないし、見るテレビすら合わない。
音楽にいたっては、オットは私の好きな音楽は騒音だと思ってる。

でも、なんとなーーく空気があうっていう
もうへんな境地に達しているので、これはこれでいいかと思っています。

話があれこれ飛んだけど、今日はしろちゃんをお昼休みにのぞいたら
いつもねている側と違う体の柄を見せてくれていて
ちがうネコかと思っちゃった。

写真とれなかったけど、今日も妙にどっしりと、何かを悟ったような顔だった。

老猫ポポちゃんが私が洗濯物をとりこむすきに
ベランダに脱走したけど、最近は年をとってしまって、
ベランダの柵にあがれないため、私をムンクの恐怖顔にすることもなくなった。

本当に年をとった。この前娘とかぞえてみたけど、多分15歳。
だっこして、ぽぽちゃんと二人で、風にあたって
暮れて行く街をみたよ。

ふわふわの毛並みと軽くなった体と、あちこち街頭が光る暮れていく空。
なんだか少し、いやかなりママは切なかった。



22:37  |  ピースボート  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.06.08 (Wed)

ピースボートの船を見学

娘は、来月の七月に横浜からビースボートにのって
世界一周の旅にでます。

ピースボート世界一周クルーズ

もうすぐなんだけど、なんだかピントこないし、
どういうルートでいくのか、とか説明聴いたけど覚えてない・・そんな母。

とにかく娘はバイトに力を入れて
ピースボートセンターに通っては、ボランティススタッフとして活動したり、
街に出てはポスター張りをしたり・・・と頑張っています。

4月23日に、横浜に停泊中のピースボードを見学に行きました。
肝心の娘はバイトでいきません。
私とオットで船を見学。

ふね

大きすぎて全景がとれないピースボートの船。
だいぶ古いらしいとは聞いていたけど、とにかくでっかい。
でもこれは、私達のような本来船旅などに縁のない人間にはびっくりなんですが
まぁ、客船ってどれも大きいに決まってます(笑)

船内

四人部屋の船内。
船の中は、小さなホテルの中、という印象。
天井は当然高くはありませんが、実にしっかりとしたつくり。
この写真の部屋は丸い船の窓がついています。こじんまりしてかわいい。
娘は一番安いランクの窓のない四人部屋にする用です。
娘の親友が二年ほど前に先にのっているのですが、彼女も窓なし四人部屋。
寝に帰るだけなのでなんの問題も無かったよう。

たかいへや

これは、最上階のランキングが一番の豪華なお部屋。
素敵すぐるぅぅぅーーーー
きゃーきゃーって心の中でワクワクした私。
でも大人なんでおとなしく見学。

向かい側に豪華なベッドルーム。
ベランダみたいに小さなデッキ付き。
ここに住みてぇ!

れすとらん

これはレストラン。
毎日かってにご飯がでてきます。
格安で世界一周をうたっているものの、やっぱり船旅って素晴らしいんだ。
船の中では、英会話やらなんやら
あらゆるレッスンを受ける事もできるし、イベントもたくさんあるらしい。
それぞれの国についたら、オプショナルツアーで
いろんな体験をするらしい。(まったくよくわかんないから、こんな書き方・・・)

娘は昨日からピースボートのスタッフさんとともに
千葉にポスター張りの旅に出ています。
本日は2日目。
昨日は電話があったものの、今日はツイッターですらあまりつぶやいていないようで
きっと2日目は疲労がでてきているのかも。
カプセルホテルに宿泊しています。

明日娘が帰ってきたら、あれこれまた話をしてくれるでしょう。

ちなみに船にかかるお金は全部、彼女が自分で用意しました。
もちろん借金もしましたよ(笑)
船に乗る、と決めてから結構な金額をしっかり貯めたようで
ものすごいケチケチ生活をしています。

ではおやすみなさい。
私も豪華客船の夢を見て、旅をするよ・・・


00:12  |  ピースボート  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。